自分の借金は家族の借金?!

 

妻が借りた借金は夫に支払い義務があるのか

 

疑問

旦那さんに内緒で借金をしていると、旦那さんに迷惑をかけてしまうことがあるんじゃないかと心配になります。
もしも支払いが遅れることがあって旦那さんに取り立ての連絡がいったらと考えるだけでゾッとします。

 

実際に法律上ではどのように決められているのでしょうか。

 

 

夫婦の借金の支払い義務

 

夫婦のどちらか一方が得た財産や借金はそれぞれ(別々)のものになると民法で定められています。
原則としては、旦那さんに支払い義務はありませんので取り立てを行うこともありません。

 

ただし、日常生活に必要な借金(たとえば家具、衣料品の購入など)だった場合は、旦那さんにも支払う義務があると定められています。
この場合、離婚したとしても旦那さんの支払い義務は残ることになります。

 

 

借金を残して亡くなったら

 

もしも借金をしている妻が亡くなってしまったらどうなるのでしょう。

 

故人の財産は相続人で分配して相続することになりますが、借金などの負の遺産も同様に扱われます。
つまり借金も引き継がれることになります。

 

ただし「相続放棄」することで借金の相続を逃れることもできます。
相続放棄するとすべての財産の相続を放棄することになりますので、正の財産(現金、不動産など)がほとんどない場合に選択するケースがほとんどです。

 

相続放棄で気をつけたいのは、相続放棄すると相続順位が下の人に相続権が移ることになりますので親族全員で行う必要があります。

 

 

保証人はまた別の話

 

借金をするときに「保証人」や「連帯保証人」「連帯債務者」といった人をたてることがあります。
もしも夫が妻の借金の連帯保証人になっていたら、返済の義務があります。

 

たとえ知らない間に連帯保証人になっていた場合でも、気づいた時点で申し出なかったり、一度でも支払ってしまうと認めたことになってしまいますので気をつけましょう。