ブラックリストは本当に存在するのか?

ブラックリストというと、お金の貸し借りで問題を起こしてこれ以上借りられなくなった人の一覧表というイメージがあります。
その“ブラックリスト”は本当に存在するのでしょうか?

“ブラックリスト”という一覧表はありません。

 

一般に言われるブラックリストを理解するうえで「信用情報機関」と「信用情報」について知っておかなければなりません。
よく御存じの方は読み飛ばしてください。

 

信用情報機関と信用情報

 

日本には3つの信用情報機関と呼ばれる機関が存在し、個人の信用情報を管理しています。

 

ローンやクレジットカード、公共料金の支払い(返済)状況などと、氏名、生年月日、勤務先、年収など個人の情報と合わせたものを信用情報といいます。

 

ローンの申し込みをするとここに登録された信用情報を参考に審査が行われ、お金の貸し過ぎ借りすぎを防ぐために利用されています。

 

 

ブラックリストは?

 

ブラックリストに載ってしまった状態というのは、信用情報に事故情報と言われるマイナスな情報が記載されている状態をいいます。

 

事故情報が記録されるのは主に以下のようなケースです。

 

<延滞>
毎月の支払いを長期間にわたって延滞すると事故情報として登録されます。
どのくらいの期間延滞したら登録されるかは各社の判断になりますが、2ヶ月でも可能性はあるといわれています。

 

<債務整理>
債務整理には、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産の種類があります。
返済能力がなくなり今の状態では返すことができなくなったときにする借金の負担を減らす手続きです。
このような場合も事故情報となります。

 

<強制解約>
支払いが滞ったりしてカード会社などから強制的に解約されられることも事故情報となります。

 

<保証の履行>
返済できなくなった契約者の代わりに保証会社が代わりに返済することを代位弁済といい、これも事故情報として登録されます。

 

 

驚き

これらの情報は、5年から10年間も残ると言われています
マイホームを建てるときに住宅ローンが組めないなんてことにならないためにも気をつけたいものです。